公開履歴
薬を飲む男性

梅毒とは、性的な感染経路によって起こる性感染症の一種です。その原因は梅毒トレポネーマという病原菌です。この菌に感染してしまうと、さまざまな症状が表れるようになります。感染初期には、主に陰部や口唇部、肛門などにしこりができたり、リンパが腫れたりするようになります。初期症状では痛みがないことが多いので、菌の感染に気が付かないこともあるので注意が必要です。自然に症状が収まっても病原菌がなくなったわけではありません。それに気が付かずに他の人に感染してしまったら大変です。早めに検査を受けて治療を受けるようにしましょう。ここでは、梅毒の原因やその治療薬として有名なノバモックスについて紹介していきます。

ノバモックスってどんな薬?

ノバモックスとは、サワシリンのジェネリックです。日本では、梅毒治療の第一選択薬 として用いられているほど、有効な薬で、広く使われています。症状を引き起こす原因菌である梅毒トレポネーマによる感染症を治療するのに高い効果が期待できます。他にも、細菌感染が原因で起こる風邪症状や溶連菌の治療に高い効果を発揮してくれると言われています。ノバモックスにはさまざまな細菌の感染症に効果を発揮してくれる有効成分アモキシシリン が配合されています。

これは、先行薬品であるサワシリンと同じで、ジェネリック薬品であるため、サワシリンよりも価格を抑えて購入できるのが魅力です。感染症を治療するのに有効な第一選択薬用と言われるほど高い治癒効果が期待できます。初期段階の症状であれば、1から2カ月間の服用で治癒することができると言われています。この薬を服用することで治癒効果が期待できるのは、感染後の早い段階である第1期と2期の症状になります。第1期は、性器にみられる小豆粒位の大きさのしこりができ、リンパ節が腫れるのが主な症状です。第2期では、隆起したり膿がたまった発疹ができたり、脱毛したりといった症状がみられるようになります。早期段階の症状に効果がある薬のため、これ以上症状が進んでしまうと、この薬を服用しても効果が出ないこともあります。

ジェネリックのノバモックスの効能としては、ペニシリン系の抗生物質がさまざまな細菌を死滅させるように働いてくれます。抗生物質の中にはアレルギーなどの副作用を心配している人も多いのですが、この薬に関してはアレルギーが起こりにくい薬として知られているのが特徴の一つです。なぜならこの薬は、他にもブドウ球菌、肺炎球菌、淋病など約10種類の菌に対して働きかけてくれると言われています。しかし、身体への負担やリスクが全くないわけではないので、薬を服用するときは、必ず容量と用法をしっかりと守って飲むことが大切です。薬を処方されるときに、注意点をよく理解してから、飲むことをおすすめします。また、ノバモックスは通販でも購入することができますが、全て自己責任となってしまいます。万が一副作用が起こった時のリスクを考えると、医師に相談して処方してもらうのが安心です。

ノバモックスの特徴

ノバモックスは梅毒の第一選択薬として使われているほど、治療に高い効果が期待できる薬です。この薬に含まれている有効成分にはアモキシシリンが配合されていて、それが感染症を引き起こす原因菌に働きかけてくれるのです。薬の有効成分アモキシシリンは、症状の原因菌となる梅毒トレポネーマの細胞が、細胞壁を合成するのをブロックするように働いてくれます。ノバモックスが働くことで細胞壁が作れなくなってしまったことで、何度も細胞分裂を繰り返したとしても、その度に細胞分裂が薄くなってしまいます。その結果、外液との浸透圧に差が出てくるようになり、細菌の体が溶け出すようになります。そして、最終的に梅毒トレポネーマが崩壊してしまうのです。この感染症は進行していくとその症状も重くなっていきます。感染後3カ月後までの間は第一期と呼ばれており、しこりなどが表れてきますが痛みなどの目だった症状がないので、発症していてもわかりにくく、感染してしまったことに気が付きにくい時期です。第一期に怒った症状は、約2?3週間で消えることがありますが、梅毒トレポネーマが体内から消えたのではありません。体内に潜伏したままで次の段階に進むのを待っているだけです。そのため、第一期のうちに症状に早めに気が付いて、対策を取ることで治療期間も短くなります。

第一期の症状が出て約3カ月経過すると、第二期の症状が出てくるようになります。主に全身の皮膚や粘膜に発疹が出てきて、リンパが腫れたり発熱したりと、目立った症状が出てくるようになるのが特徴です。炎症が酷くなってくると、頭痛や聴覚、視覚に障害が出ることもあるので、注意が必要です。ノバモックスが治療できるのは一般的に第二期の症状までだと言われています。この感染症の原因となっている菌には、殺菌力に優れており、耐性にも強いペニシリン系の抗菌薬を用いるのが有効策であり、ノバモックスはその条件を満たしている治療薬になります。病原菌が薬の有効成分によって破壊されるようになると、体に不調を訴えることが増えますが、あくまでも一時的なものですから心配しすぎることはありません。どうしても体調がすぐれず辛いときは、薬を処方してもらった医師や薬剤師に相談してみることをおすすめします。

気を付けるべき副作用は?

ノバモックスは梅毒の第一選択薬として使われていますが、身体へのリスクがあることも覚えておきましょう。どんな薬にも副作用のリスクがありますが、薬の種類によってリスクの大きさは発症率も異なります。この薬では副作用が起こりにくいと言われていますが、絶対に安全ということは言い切れないので、服用することで身体にどんな影響を及ぼす可能性があるかを、必ず理解したうえで服用するようにしましょう。主な副作用として知られているのが、下痢や軟便、食欲不振、発疹、吐き気、嘔吐などの症状です。主に消化器系にダメージが強く出るようで、胃腸の弱い人は特に注意した方がよいかもしれません。しかし、消化器系に見られる症状については、他の抗生物質を服用したときにも見られる症状となります。消化器系の副作用が多い理由としては、抗生物質が人間にとって良い働きをしてくれる菌まで、影響を与えることが考えられています。腸内の環境を整えるのに働いてくれる善玉菌などが、薬の有効成分によって破壊されてしまうと、腸内菌のバランスが崩れて不調が表れやすくなるのです。しかし、抗生物質の中でもこの薬は副作用が少ない薬として知られています。他の抗生物質が影響を与える菌の数がたくさんあるのに対して、この薬は効果を発揮する菌の数が少ないのです。そのため、腸内細菌に与える影響も他の抗生物質と比べると少ないので、副作用も起こりにくく、万が一起こってもそれほど症状が重くならないのです。

また、副作用に関係なく人によっては薬の服用を控えた方がよい人もいます。薬の有効成分であるアモキシシリンやペニシリン系の抗生物質に対して過敏に反応する人は、医師や薬剤師に相談することをおすすめします。他にも、気管支ぜんそく、発疹、じんましんなどのアレルギー症状を起こしやすい体質の人も、同様に注意が必要です。また、家族に重度のアレルギー症状を持つ人がいる場合も、リスクが高いので事前に医師や薬剤師に相談しておくとよいでしょう。また、高齢者、妊婦、授乳中の人も副作用が起こりやすく、胎児や子どもに強い影響が出ることがあるので、服用を控えた方が安心かもしれません。他にも、ピルやプロぺネシドなどを服用している人も、飲み合わせに注意が必要だと言えます。

記事一覧
風俗嬢が注意すべき性病っていったい何? 2019年11月11日

風俗嬢はお客さんとセックスすることはなかったとしても、オーラルセックスなどで対応することもあるので、性病にかかるリスクが一般女性よりも高くなります。性病は身近な...

エイズの治療は年々進歩しているって知ってた? 2019年11月27日

エイズはヒト免疫不全ウィルス(HIV)に感染することで起こる感染症の一種です。以前は、これといった治療薬がなく、感染したら死ぬと考えられているほど、不治の病と恐...

性病は女性にも起きる身近な病気 2019年10月22日

性病は男性だけでなく女性にも感染する危険性が高いことをよく覚えておきましょう。主な感染症を挙げていきましょう。女性がかかるリスクが高い主な病気としてはクラミジア...

ジスロマックはクラミジア治療に高い効果を発揮する 2019年10月03日

梅毒治療に用いられる薬には他にもあり、ジスロマックもよく使われています。この薬の有効成分はアジスロマイシン(アジスロマイシン水和物)であり、マクロライド系の抗生...

梅毒の感染原因とは?対策方法はある? 2019年09月22日

梅毒は過去に流行した病気だと考えられがちですが、現代でも感染者が増えていると言われています。梅毒にかからないようにするためにも、万が一かかってしまったときのため...