性病は女性にも起きる身近な病気

危険なウィルス

性病は男性だけでなく女性にも感染する危険性が高いことをよく覚えておきましょう。主な感染症を挙げていきましょう。女性がかかるリスクが高い主な病気としてはクラミジアや膣カンジダ、淋病やトリコモナス膣炎がよく知られています。トリコモナス膣炎とはトリコモナスを原因とする感染症の総称です。膣カンジダやクラミジア、淋病も同じく感染症で、かゆみなどの症状があります。注意したいのが性病に感染したからといって、必ず自覚症状が起こるとは限らないことです。同じ病気にかかったとしても、男性に自覚症状が表れても女性には表れないことが多いので、特に注意が必要なのです。

性病にかかっても、時間が経てば自然に治るだろうと甘く考えてしまうかもしれません。一旦症状が落ち着いたように見えても、原因菌はまだ体内に残っています。それに気が付かずに性病をそのまま放置しておくと、大きな影響が出てくることをよく覚えておきましょう。

性病は主に性交渉やオーラルセックス、アナルセックスといった粘膜や皮膚が触れあうことで感染するリスクが増加します。女性の場合、場所としての確率が高いのが子宮頸管です。そして、子宮頸管から次第に体内に広がっていくのが特徴です。性病をそのまま放置しておくと、卵管を詰まらせるなど不妊の原因となってしまうことがあるのです。

また、妊娠できたとしても、流産や死産のリスクが高くなってしまいます。無事に出産に至ったとしても、胎盤を通じて子どもが菌に感染してしまうため、産まれた子どもに障害が出てしまうこともあります。

また、感染に気が付かずそのまま病気を放っておくと、知らない間に広げてしまうことにつながってしまうのです。そうならないようにするためにも、早めに検査を実施して早期治療をすることが重要になります。性病に関しては、女性の場合は膣に感染することが多いので、何かしらの異常が出てくることがあります。特に注意していただきたいのが、おりものの変化です。普段のおりものと比べて量が増加したように感じられる、臭いがきつくなった場合は何かしらの菌に感染している可能性が高くなります。

他にも、膣にかゆみなどの症状が出てきたら、性病を疑った方がよいかもしれません。その際は病院に行き検査を受けることもできますし、自宅で検査キットを使って自分で主な感染症の検査をすることも可能です。検査を受けるのは恥ずかしいと感じるかもしれませんが、将来的に起こるリスクや感染拡大のことを考えたら、検査を受けた方がよいのです。自分やパートナー、将来産まれてくる子どものためにも、きちんと検査を受けておきましょう。