性病は赤ちゃんにも影響する?

性病が母親から赤ちゃんに感染してしまうことがあるのです。そのため、妊娠したときは、クラミジアやHIVなど性病に関する血液検査を行うのが一般的です。性病に感染している母親が、無治療のまま妊娠出産するのは伴うリスクが大変大きいのです。

まず、性病の種類によっては、卵管を詰まらせて排卵障害を起こして不妊の原因となってしまいます。妊娠できても流産や死産のリスクが高くなってしまうため、妊娠の継続が難しくなります。また、無事に出産できたとしても赤ちゃんが結膜炎や肺炎にかかるリスクが高くなってしまいます。結膜炎は結膜に炎症を起こす病気で、肺炎は風邪のような症状が出ますが、命にかかわる感染症です。また、分娩中に感染するリスクが高い性病に感染しているときは、帝王切開で出産することがほとんどです。帝王切開は近年においては安全性は高くなっていますが、絶対とは言い切れません。無治療のデメリットは大きいのです。

性病の中でも感染者が多いクラミジアは、感染者と性的交渉を持つことで感染するリスクが高くなります。女性の場合、男性よりも自覚症状が表れにくく、感染に気が付かないまま妊娠してしまうことがあるのです。妊娠初期に感染してしまうと流産するリスクが高くなってしまいますが、感染に気が付くことができれば出産時の産道感染を防げるようになります。梅毒も主に性的交渉によって感染する性病の一つです。妊娠初期に血液検査で感染の有無を調べるので、その時に感染が発覚すれば早期治療が可能です。エイズもまた、妊娠初期に血液で感染の有無を調べて、母子感染を防ぎます。特に女性が受ける影響が大きいので、女性は性病のことをもっとよく理解して、しっかりと対策を取ることが求められます。

無事に出産を迎えるためにも、日頃から性感染症について注意することが大切です。女性の場合、種類にもよりますがこれといった自覚症状が出てこないことが多いのです。それが、発見を遅らせる原因にもなっています。妊娠すれば主な性病について感染の有無を一通り検査しますが、妊娠前に感染に気が付いて治療できるのが望ましいです。人によっては、性病が原因で妊娠しにくい体になっているかもしれないので、将来的な妊娠のことを考えて、妊娠前に病院で検査してもらうと安心です。

感染を防ぐ対策としては、性交渉のときはコンドームを着用することが大切です。ただし、パートナーから感染することもありますので、パートナーにも検査を受けてもらったほうがより安心できるでしょう。また、妊娠中もセックスしたくなることがありますが、妊娠中の体はとてもデリケートな状態なので、感染のリスクも高くなるため、普段以上に気を付けることをおすすめします。異常にすぐに気が付くためにも、定期検診は必ず受けましょう。定期検診は出張にも対応しているところもあります。